【コテツくん – 第2話】まわりと競争しないといけないのはなーーぜ?

2018/04/30

カテゴリ名 : コテツくん

Pocket

あらすじ

1987年7月22日に、宮崎県都城市に突如生まれた”コテツくん。”の僕の幼少期の物語です。僕とばあちゃん、じいちゃん、父ちゃん、兄ちゃん、シェルティのジョンと九州でのんびり暮らしていた時のほんとに、小さい家族の小さい物語です。小さいながらに良いことも、悪いことも両方体験をしており、日々葛藤しておりました。その中でも、僕の中で本当にこの物事って正しいのか??疑問に思ったコトやくすっとくる家族のストーリーを描いております。(イラストレーターの西村さん、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。)
→僕の過去のプロフィールはこちらから。


まわりと競争しないといけないのはなーーぜ?の巻。



コテツくんの感情 / 今の感情

手を挙げるコトができなかった記憶が強いです。自分が分かる問題になると、ここぞと言わんばかりに”はい”を連呼して目立とうとしていました。挙手だといいんですが、先生から当てたれるコトが嫌で嫌で、恐怖でした。よそ見をしたり、席にじっと座っているコトが凄く苦手でしたので、しょっちゅう周りの人にちょっかいを出していたなー。これは今も変わらず隣に人がいると、何かしらちょっかいを出したくなります。落ち着きがなくじっとしてられないんです。



コテツくんの制作秘話

CREDIT

TOGO TETSURO – DIRECTOR
YUKI NISHIMURA – ILLUSTRATOR

Pocket